家族葬について

家族葬について

家族葬について 画像

時代の変化につれて、お葬式にも様々な形が増えてきました。 その中でも、葬儀社への問い合わせも非常に多く、興味を持っている人が多いと言われているものが「家族葬」です。今回は、家族葬とはそもそもどういったものなのかを詳しくご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

家族葬とはどのような葬儀?

近年、家族葬という言葉がよく聞かれるようになり、葬儀の形としても一般的になってきました。

家族葬という言葉は、とある葬儀社が、小さな規模で行う家族中心の葬儀という意味で使用したのが始まりであると言われています。

家族葬というと、その言葉からもご家族のみで行うものであると認識されがちですが、実は明確な定義というものはありません。 ご家族・ご親族・親しい友人達などを中心として、少人数の小規模で行う葬儀の総称であり、一般的には規模が30人以下のものを家族葬を呼ぶことが多いようです。

家族葬だからといってご家族のみで行う必要はなく、故人の友人や、故人との繋がりが強かった方々に来ていただくことも出来ます。

職場の方々や近所の人達に訃報を出すことはしませんが、亡くなられた事を知った方が香典をお持ちになる場合もありますし、参列があればおもてなしをします。

葬儀の流れとしても、通夜や告別式・火葬といった儀式を行う点については、基本的に一般葬と変わりはありません。 小規模でも宗教儀式を行うこともあれば、無宗教葬を希望する方もおられますし、故人や遺族の意志に基づいて自由なスタイルで行うことが可能です。

家族葬のメリット

葬儀社を対象にした最近の調査によると、家族葬の割合は半数を占めているとも言われています。 世間の関心が高まり、ニーズを増やし続けている理由とも言える、家族葬のメリットとは一体何なのでしょうか?

規模が大きいお葬式に比べ、小規模で行う家族葬は参列者への気遣いも少なく、遺族への精神的・肉体的な負担が少ないことや、 豪華な祭壇・参列者への香典返し・お食事といった高額な費用を抑えられ、低価格で行えるという事も、ニーズが増え続けている理由と言えるかもしれません。 また、身内や親しい方々のみで、ゆったりと故人を送り出すことが出来るという点も、大きなメリットです。

家族葬には多くのメリットがありますが、やはり故人の意向や、生前に故人がお世話になった人たちの思いを汲むことも非常に大切です。

家族葬を行う場合には、何より周囲への理解や配慮が必要ですし、後に亡くなった事を知った方から「故人とお別れできなかった」とお叱りを受けるといったこともあります。 ですが、理解を得たうえで執り行うのであれば、家族葬という形はこれからどんどん一般的なスタイルになっていくと言えるでしょう。

スポンサードリンク

家族葬をご検討の方

家族葬で気をつけるポイントをご案内させて頂きます。

家族葬とは

家族葬 画像

家族葬というと、その言葉からもご家族のみで行うものであると認識されがちですが、実は明確な定義というものはありません。 ご家族・ご親族・親しい友人達などを中心として、少人数の小規模で行う葬儀の総称であり、一般的には規模が30人以下のものを家族葬を呼ぶことが多いようです。家族葬とはをもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲 画像

家族葬は一般葬に比べて小規模で行う場合が多いため、葬儀社に払う費用も割安なことが多いと言われています。 果たして、実際にかかる平均的な相場や、その内訳はどういったものなのでしょうか。 今回は家族葬の費用について、詳しく解説してみたいと思います。家族葬の範囲をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典 画像

小規模で親しい家族や近親者のみで行う事の多い家族葬は、一般葬と異なり参列者や香典をお断りしている場合が非常に多いです。 ですが、明確な定義や決まりのない家族葬だからこそ、香典について疑問を持つ人が多いことも事実です。 家族葬の香典をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用 画像

家族葬は一般葬に比べて小規模で行う場合が多いため、葬儀社に払う費用も割安なことが多いと言われています。 果たして、実際にかかる平均的な相場や、その内訳はどういったものなのでしょうか。 今回は家族葬の費用について、詳しく解説してみたいと思います。家族葬の費用をもっと読む

家族葬の参列

家族葬の参列 画像

家族葬を行う場合には、参列者に対する配慮も重要となります。 後々で「どうして呼んでくれなかったのか?」とお叱りを受けたといったトラブルもよく耳にしますし、参列者への気配りも忘れずに、気持ちよく故人を見送りたいものです。 今回は家族葬の参列について、詳しく解説をしていきます。家族葬の参列をもっと読む

お見送りするご葬儀、ご提案します。

↑ PAGE TOP