家族葬の香典について

家族葬の香典について

家族葬の香典 画像

小規模で親しい家族や近親者のみで行う事の多い家族葬は、一般葬と異なり参列者や香典をお断りしている場合が非常に多いです。 ですが、明確な定義や決まりのない家族葬だからこそ、香典について疑問を持つ人が多いことも事実です。 今回は家族葬の香典について、解説をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

家族葬の香典、内容と相場は?

もし家族葬で弔問ができない場合に、せめて香典を送りたいと考える方も多いと思います。 ですが、基本的に家族葬では、返礼品が必要になるものは送らないというのが一般的です。 家族葬を行う背景には、身内だけで静かに落ち着いて見送りたいという意図もあるため、香典はお断りしている場合が殆どで、香典を送ることでかえって迷惑になってしまう事もあります。 香典の辞退が明示されている場合はもちろんですが、明示されていない場合でも香典は送らない方が良いと言えます。 香典を送った場合に遺族は香典返しを用意しなければならないため、事務作業を減らすために家族葬を行った場合には遺族に対して手間をかけてしまう事になります。 故人への思いを表したいという気持ちも理解できるのですが、何より遺族の気持ちを尊重することが何より大切です。

もし自身が家族葬へ呼ばれて参列する場合には、遺族が香典辞退を明示している場合を除いて、香典を持参することになります。 香典の金額については、故人との間柄によって変わってきますが、平均額は以下の通りです。

自分の両親
5万円~10万円の範囲

兄弟姉妹
20代なら3万円~5万円、30代以上なら5万円

祖父母
20代なら2万円~3万円、30代以上なら2~5万円、40代以上なら3~5万円

その他の親戚
20代なら1万円~2万円、30代以上なら2~3万円、40代以上なら2~5万円

自分とどれだけ近い間柄の人が亡くなったかや、自分の年齢によって、香典の相場は変わることが多く、 近い間柄や自分の年齢が上がるにつれて、香典の金額は上がっていくのが一般的です。

家族葬の香典はいつ渡す?

家族葬も遺族の様々な意向がありますので、全ての遺族が香典を辞退する訳ではなく、別れを惜しむ人の気持ちを無駄にしないために受け取られる場合もあります。 もし香典を渡したいという気持ちがあり、香典辞退の明示がされていない場合には、後日香典をお渡ししても良いでしょう。 遺族の方々は葬儀の前後は慌ただしい時間を過ごされているため、都合の良い時間をまずはお伺いしてみるのが良いかもしれません。 香典は葬儀後に持参することも可能ですので、遺族の方々への配慮をしながら気持ちをお伝えに伺うようにしましょう。

スポンサードリンク

家族葬をご検討の方

家族葬で気をつけるポイントをご案内させて頂きます。

家族葬とは

家族葬 画像

家族葬というと、その言葉からもご家族のみで行うものであると認識されがちですが、実は明確な定義というものはありません。 ご家族・ご親族・親しい友人達などを中心として、少人数の小規模で行う葬儀の総称であり、一般的には規模が30人以下のものを家族葬を呼ぶことが多いようです。家族葬とはをもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲 画像

家族葬は一般葬に比べて小規模で行う場合が多いため、葬儀社に払う費用も割安なことが多いと言われています。 果たして、実際にかかる平均的な相場や、その内訳はどういったものなのでしょうか。 今回は家族葬の費用について、詳しく解説してみたいと思います。家族葬の範囲をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典 画像

小規模で親しい家族や近親者のみで行う事の多い家族葬は、一般葬と異なり参列者や香典をお断りしている場合が非常に多いです。 ですが、明確な定義や決まりのない家族葬だからこそ、香典について疑問を持つ人が多いことも事実です。 家族葬の香典をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用 画像

家族葬は一般葬に比べて小規模で行う場合が多いため、葬儀社に払う費用も割安なことが多いと言われています。 果たして、実際にかかる平均的な相場や、その内訳はどういったものなのでしょうか。 今回は家族葬の費用について、詳しく解説してみたいと思います。家族葬の費用をもっと読む

家族葬の参列

家族葬の参列 画像

家族葬を行う場合には、参列者に対する配慮も重要となります。 後々で「どうして呼んでくれなかったのか?」とお叱りを受けたといったトラブルもよく耳にしますし、参列者への気配りも忘れずに、気持ちよく故人を見送りたいものです。 今回は家族葬の参列について、詳しく解説をしていきます。家族葬の参列をもっと読む

お見送りするご葬儀、ご提案します。

↑ PAGE TOP