家族葬の範囲について

家族葬の範囲について

家族葬の範囲 画像

家族葬は一般葬に比べて小規模で行う場合が多いため、葬儀社に払う費用も割安なことが多いと言われています。 果たして、実際にかかる平均的な相場や、その内訳はどういったものなのでしょうか。今回は家族葬の費用について、詳しく解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

家族葬にかかる費用の内訳は?

家族葬と一般葬では、特にお葬式自体の内容や流れは変わりませんが、費用の差が出てくる部分とは一体どこなのでしょうか。

葬儀にかかる費用とは、主に以下に挙げる3つのものに分類されています。

(1)葬儀費
祭壇、お棺、ドライアイス、人件費などの葬儀社に対して支払う費用のことです。

(2)実費費
斎場使用料、火葬料、飲食費用、返礼品などの葬儀社に支払う以外の費用のことです。

(3)寺院費
宗教者へのお布施や心づけなどのことです。

家族葬は一般葬に比べて参列者が少ないため、実費費に含まれる飲食費や返礼品費などが安くなるという点が一般葬との一番大きな違いと言えるでしょう。 また、一般葬と比べると家族葬は小さな会場でも対応することが可能なため、斎場使用料など施設の利用にかかる金額も抑えることができます。 葬儀費については、どの葬儀社に依頼するかによって金額にも大きな違いが出てきますが、家族葬ではシンプルな葬儀を望む方が多いため、 祭壇や装飾などにはあまりお金をかけず、お棺なども低価格なもので済ませるといった傾向が強いようです。

参列の人数は?家族葬の参列者について、人数の目安はどれくらいなのでしょうか。

家族葬の参列者は、平均的には20~30人くらいの場合が多く、一般葬に比べると小規模であることが特徴です。 ですが、上でも述べたように家族葬には明確な定義というものがありませんので、10人以下という少人数で行う場合もありますし、50~60名と大きな規模で行う事もあります。 故人の意思や遺族の意向によって、様々な規模・スタイルの家族葬がありますので、一概に家族葬はこれぐらいの規模で行うという明確な基準はありません。 特に人数についても決まりがないぶん、誰に知らせて誰に来てもらうかという点を事前に話し合い把握しておくことで、具体的な準備を進めやすくなります。

そして家族葬に呼ぶ範囲や人数を考えるうえで、やはり注意したいことが、呼ばれなかった人との間で発生してしまうトラブルです。 後々になって「私は呼ばれていない」といった不満を抱える人が出ないためにも、家族葬を行う場合には、 その意向を親戚や友人・知人・ご近所の人達にはっきりと伝えて了解してもらい、うやむやにしないことが大事であると言えます。

スポンサードリンク

家族葬をご検討の方

家族葬で気をつけるポイントをご案内させて頂きます。

家族葬とは

家族葬 画像

家族葬というと、その言葉からもご家族のみで行うものであると認識されがちですが、実は明確な定義というものはありません。 ご家族・ご親族・親しい友人達などを中心として、少人数の小規模で行う葬儀の総称であり、一般的には規模が30人以下のものを家族葬を呼ぶことが多いようです。家族葬とはをもっと読む

家族葬の範囲

家族葬の範囲 画像

家族葬は一般葬に比べて小規模で行う場合が多いため、葬儀社に払う費用も割安なことが多いと言われています。 果たして、実際にかかる平均的な相場や、その内訳はどういったものなのでしょうか。 今回は家族葬の費用について、詳しく解説してみたいと思います。家族葬の範囲をもっと読む

家族葬の香典

家族葬の香典 画像

小規模で親しい家族や近親者のみで行う事の多い家族葬は、一般葬と異なり参列者や香典をお断りしている場合が非常に多いです。 ですが、明確な定義や決まりのない家族葬だからこそ、香典について疑問を持つ人が多いことも事実です。 家族葬の香典をもっと読む

家族葬の費用

家族葬の費用 画像

家族葬は一般葬に比べて小規模で行う場合が多いため、葬儀社に払う費用も割安なことが多いと言われています。 果たして、実際にかかる平均的な相場や、その内訳はどういったものなのでしょうか。 今回は家族葬の費用について、詳しく解説してみたいと思います。家族葬の費用をもっと読む

家族葬の参列

家族葬の参列 画像

家族葬を行う場合には、参列者に対する配慮も重要となります。 後々で「どうして呼んでくれなかったのか?」とお叱りを受けたといったトラブルもよく耳にしますし、参列者への気配りも忘れずに、気持ちよく故人を見送りたいものです。 今回は家族葬の参列について、詳しく解説をしていきます。家族葬の参列をもっと読む

お見送りするご葬儀、ご提案します。

↑ PAGE TOP