一日葬の費用・人数・流れ/h1>

自分らしい葬儀の形 一日葬

一日葬の葬儀費用 画像

自分の葬儀は、簡素にシンプルに、「見えや、世間体に捉われず」、と望んでいる人は数多くいるのは確かです。特に都市部では、核家族が進む中、家族やごく親しい人だけでお別れをする人たちが増えているようです。これが地方に行くと、親戚縁者の人たちも多く、日本の伝統的、仏式を進める人も多く、新しい形の葬儀は、やはり若い人に、人気がある傾向が見られます。例えば、音楽葬の場合は、どんな曲を流して欲しいとか、生演奏にするか、CDにするかいろいろ悩みがあるようです。

スポンサードリンク

そんな中で、通夜を儀礼として行わない葬儀「一日葬」が、今注目を浴びているようです。一日葬という言葉で、「葬儀が一日で終わる」ということではありません。葬儀とは本来、臨終の看取りから裳に至る長いプロセスで、遺族にとっては、大切な人の死を受け止める始まりです。たとえ通夜やお葬式をしなくても、遺された遺族の中では、弔いは、続いているのです。この一日葬の在り方を述べて行きます。

簡略化した新しい葬儀の在り方一日葬

<概要>

遺された遺族たちに、迷惑が掛からないように、葬儀費用も安い簡素化された葬儀には、「直葬」「一日葬」があります。 直葬は、通夜や告別式など葬儀は行わず、病院や自宅から遺体を火葬場に搬送して火葬だけを行う形式です。 一日葬は、通常は通夜と、告別式は2日間に渡って行われますが、通夜を儀礼として行わずに、一日より行う葬儀の事です。 したがって、葬儀は、前日に通夜の法要をし、翌日に葬儀、・告別式を2日にかけて行うのが一般的ですが、一日葬は、通夜の法要を省いて、一日で火葬まで済ませる葬儀のことを言います ワンデー葬儀とも呼ばれています。

一日葬が選ばれる理由

家族の小規模化が急速に進んでいます。 さらにライフスタイルが変化し、家制度や社会の概念にとらわれるのではなく、「自分らしい最期」を送りたい、と言うニーズが高まっています。 そして家族や、親しい人たちで故人を送ると言った家族葬儀が増えています。 自由な、スタイルの葬儀が多様化して来ましたが、その中で注目されているのが「一日葬」です。 高額化する葬儀費用、伝統にとらわれない葬儀を、という意味で誕生したのがこの「一日葬」です。 社会の求めるニーズに合致したものとして、弔いの形はさらに、多様化して行くでしょう。

一日葬の流れ

通常のお葬式の流れとしては、ご逝去―お迎え―遺体安置―打ち合わせ―搬送となりますが、一日葬では、通夜を行わず、葬儀、告別式のみの一日で終了します。 流れは、葬儀・告別式―火葬式-納骨となります。

<手順1>

一日葬の手順としては、臨終―搬送-葬儀の打ちあわせ、納棺-葬儀・告別式、‐出棺火葬―精進落し-初七日-法要となります。

<手順2>

葬儀社によって、様々なプランを提供してくれます。 例えば、お別れの時間を長くとるとか、会葬者が多い夜には一日葬儀プランを、昼間に火葬を済ませ、葬儀では儀式を行うプランなどもあります。

<手順3>

通夜の法要を行わないため、遺族はゆっくりと、お別れができます。

<一日葬の費用はどのくらい掛かる?>

親族10名、一般5名の場合、の基本プラン 32万8000円 祭壇、棺、遺詠写真、ドライアイス、収骨容器、寝台車、枕飾り、式場使用量、火葬料、その他が葬儀費用として含まれます。 別途に曽呂にお布施がかかります。 属名での読経のみの場合は、10万円のお布施が必要です。 ちなみに、葬儀のみの曽呂のお布施の平均は 俗名での読経のみの場合10万円のお布施 法名 信士・信女+読経の場合 15万円のお布施。 法名 居士・大姉+読経の場合、25万円のお布施。 以上が一般的なお布施の相場となっています。 なお信士・信女、居士・大姉は、戒名の下に付けられる位号で、性別や、年齢、功徳報恩・社会功績などによって異なります。

一日葬のメリット・デメリット

一日葬のメリット

  • 1.一日だけなので、精神的にも負担が軽くなる。
  • 2.おもてなしの料理や、曽呂に上げるお布施など一日分で済みますので、経済的負担が少なくてすむ。
  • 3.小規模なので、大掛かりな葬儀をしなくて済み、故人とのお別れも、ゆったりと、時間がとれる。

一日葬のデメリット

  • 1会葬者は、主に通夜に来るため、通夜を行わない一日葬では、会葬者を招きづらい。
  • 2本来、通夜から葬儀・告別式と言う一連の流れがあるので、菩提寺がある人の場合、お寺の理解が必要になる。
  • 3斎場の不要は、一日だけでも、2日間の使用量がかかることもある。

一日葬においては、以上のようなメリット、デメリットが考えられます。

一日葬の葬儀・費用のまとめ

一日葬は、別名ワンデーセレモニーとも言います。 葬儀に当って、このような言葉を耳にする機会が多くなりました。 新聞の広告や、葬儀社のホームページを見ると、通夜は行わず、火葬当日に、親しい人に集まっていただき、告別式のみを行う葬儀とあります。 そして通夜をせずに、当日一日にてお葬式、および、火葬、精進落し一切を執り行うこととなります。 一日で、ご供養できる葬儀として注目を浴びてきました。 この簡素化したスタイルの「一日葬」が登場した背景には、「身内だけなので、2日間に渡って、通夜・葬儀をしても」や「故人に対しての気持ちとして、一日だけでもお葬式をしたい」火葬だけの葬儀では、ゆったりとお別れする時間がない」等との声も上がっているのは確かです。 一日だけとはいえ、通夜は、家族・親族のみで行い、一般の人は、葬儀・告別式のみ。参列する、などのケースも数多くあります。

スポンサードリンク

葬儀費用とプラン

葬儀費用とプランをご案内させて頂きます。

家族葬プラン

家族葬の葬儀費用とプラン 画像

遺族と親族、生前親しかった友人・知人のみで葬儀を行うものです。規模は、友人をどの範囲まで連絡するかによって変わってきますが、一般的には15~30名くらいの規模です。宗教のしきたりなどにとらわれず、故人と親しかった人たちだけで、静かに、故人を送りたいとの要望に応えて、作られた形式の葬儀です。家族葬プランの詳細

一日葬

一日葬の葬儀費用とプラン 画像

遺された遺族たちに、迷惑が掛からないように、葬儀費用も安い簡素化された葬儀には、「直葬」「一日葬」があります。直葬は、通夜や告別式など葬儀は行わず、病院や自宅から遺体を火葬場に搬送して火葬だけを行う形式です。一日葬は、通常は通夜と、告別式は2日間に渡って行われますが、通夜を儀礼として行わずに、一日より行う葬儀の事です。一日葬プランの詳細

直葬プラン

直葬の葬儀費用とプラン 画像

通夜や、告別式などの葬儀を行わず、病院や、自宅から、遺体を火葬場に搬送して、火葬だけを行う形式の葬儀です。遺族や、近親者と、故人とのお別れの時間を持てる形式など、オプションも可能です。  直葬は、「小さな葬儀」とも呼ばれています。会葬者を呼んで、通夜や葬儀・告別式を行うことをしないで、遺体を火葬場に搬送して、火葬だけで、故人を見送る形になります。直葬プランの詳細

その他の葬儀費用とプランはこちら

お見送りするご葬儀、ご提案します。

↑ PAGE TOP