家族葬の費用・人数・流れ

大きな葬儀から小さな葬儀へ家族葬

>家族葬の葬儀費用 画像

葬儀の一般的な規模は、費用が200万円ほどかかる、大規模な葬儀が一般的でした。これまでの葬儀は、故人の死を地域や、仕事関係に広く知らせ、多くの人が参列して、行うのが全国的に広がっていました。そのような大規模な葬儀は、現在も多く行われていますが、葬儀費用が年々高くなり、葬儀の専門業者も、派手な演出をアピールする時代と成っているのが現状です。

スポンサードリンク

そこで、最近は、家族を中心とした、親族や、ごく親しい知人・友人だけが参列して行う、葬儀が増えてきました。少人数15~30名くらいで行う葬儀の事を「家族葬」と呼ばれるシンプルな葬儀が、今注目されています。小規模な葬儀は、他に、「密葬」や「直葬」等があります。 こうした家族葬が人気の背景には、「家族だけで送って欲しい」「費用をかけないでほしい」という人たちが増えていることでしょう。

家族葬の葬儀について

<概要>

遺族と親族、生前親しかった友人・知人のみで葬儀を行うものです。 規模は、友人をどの範囲まで連絡するかによって変わってきますが、一般的には15~30名くらいの規模です。 宗教のしきたりなどにとらわれず、故人と親しかった人たちだけで、静かに、故人を送りたいとの要望に応えて、作られた形式の葬儀です。 この家族葬は、特に都市部の核家族を中心に広がりを見せ、今後益々このスタイルは増加の道をたどると思われます。

家族葬が選ばれる理由

核家族化が進み、親から子へと、伝統的なしきたりや習慣が、伝わりにくくなり、また地域社会のつながりが薄くなっている現代、葬儀に関するしきたりや、葬儀のやり方がよくわからない、という人も増えていると言うのが実情です。 葬儀についての知識も、準備もないまま、家族の死を迎えた時には、遺族は大きな悲しみの中、戸惑いながら葬儀を執り行わなければなりません。 特に、大都市部においては核家族が進み、こうした葬儀に対する考え方が、地方より薄れていると言っていいでしょう。 こうした理由で、大規模な葬儀を営むより、小規模で、費用の掛からない「家族葬」が都市部において広がりを見せているようです。

家族葬の流れ

お通夜―葬儀・告別式―火葬式―納骨の順となります。 家族葬は、お通夜を行います。葬儀・告別式も行います。 そこでお別れの花入れをして、出棺致します。 納骨までに、役所の手続き等行い、法事などの準備を勧めます。

<手順1>

家族葬の一番の特徴は、家族や親族などごく内輪で行うことです。 これまでの葬儀のように、多くの弔問客の対応に追われることなく、時間をかけて、親しい人たちばかりで、故人とゆっくり別れを惜しむことができます。 親族とのしこりを起こさないため、「告知の範囲を事前に決めておく」ことが大切です。 親戚縁者の範囲をどこまでにするか、後でトラブルにならないように。

<手順2>

遺族のみで行った場合、後日、参列できなかった縁者の弔問が相次ぐことになります。そうしたことを含めて、後日関係者を招いて、「お別れ会」を開き、「お線香を上げたい」という人への心配りが大切です。

<手順3>

「家族葬」でも、参列者は、香典を包むのが基本です。 そこで香典返しはどうするかを、決めておく必要があります。

<手順4>

家族葬後は、故人と交友があった人で、連絡をしていない人には、2週間以内に通知を出すのが一般的です。

<家族葬の費用はどのくらい掛かる?>

家族葬をインターネットで検索すると、数多くのサイトがあります。 その印象についいては、人数の多少により、大きく異なってきます。 一般的には、式場、ホールを使用し、お通夜、告別式、火葬まで行うスタンダードクラスで、67万円と言ったところです。 他にもっと安く上げたい家族には、33万円というのもあります。 これは会場使用料、安置料、返礼品、火葬料、お布施,料理などは含んでおりません。各葬儀屋で多くのプランを出していますが、家族葬の価格は、まちまちで、プランによって安くなり、高くなると言うのが実情と言えそうです。 一般的な家族葬の費用としては、100万円~200万円が平均価格と言ったところです。  近年の「家族葬」ブームに乗って、家族葬を専門に扱う葬儀社や斎場が増えていることも確かです。 希望する内容と、予算をきちんと伝えて、故人も、遺族も納得できる葬儀を実現させることが重要と言えましょう。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリット

ゆっくりと故人を見送ることができる 気心の知れた人たちばかりなので、必要以上に気を使わないですむ。 葬儀費用が安い。 大きな斎場を借りなくても、自宅でできる。 オリジナルティーのある葬儀が行える。

家族葬のデメリット

一般的な葬儀を望む親戚から反対される場合もある。 声のかからなかった人から、不満の声が上がる場合もある。 後日弔問に駆けつける客が多く、その労力が大変。

家族葬の葬儀・費用のまとめ

現在では、「家族葬」と一つのカテゴリーになっていますが、家族葬は、密葬が名を変えたものと言えましょう。 日本の長寿化と核家族化に伴って、主流となった、小規模葬儀です。 実は本葬の無い密葬塗装違いはありません。表現の違いだけです。 一口に「家族葬」と言いましても、様々なケースがあります。 家族葬には明確な定義はありませんが、10人位のものから、50人位のもの、地方に至っては、100人位の葬儀でも家族葬と呼んでいます。 これは「広く告知しない」という意味で、家族葬と呼んでいるようです。 曽呂などを呼ぶ場合と、無宗教で行う場合もあります。まさに「自由葬」です。 昨今、葬式は、小規模化傾向にあります。 これは様々な事情があるでしょうが、経済的な理由が大半と言えそうです。  また家族葬には、式場を借りて仏式などを、宗教の形式で行うこともできるし、故人の希望や遺族の思いを反映した葬式もできます。

スポンサードリンク

葬儀費用とプラン

葬儀費用とプランをご案内させて頂きます。

家族葬プラン

家族葬の葬儀費用とプラン 画像

遺族と親族、生前親しかった友人・知人のみで葬儀を行うものです。規模は、友人をどの範囲まで連絡するかによって変わってきますが、一般的には15~30名くらいの規模です。宗教のしきたりなどにとらわれず、故人と親しかった人たちだけで、静かに、故人を送りたいとの要望に応えて、作られた形式の葬儀です。家族葬プランの詳細

一日葬

一日葬の葬儀費用とプラン 画像

遺された遺族たちに、迷惑が掛からないように、葬儀費用も安い簡素化された葬儀には、「直葬」「一日葬」があります。直葬は、通夜や告別式など葬儀は行わず、病院や自宅から遺体を火葬場に搬送して火葬だけを行う形式です。一日葬は、通常は通夜と、告別式は2日間に渡って行われますが、通夜を儀礼として行わずに、一日より行う葬儀の事です。一日葬プランの詳細

直葬プラン

直葬の葬儀費用とプラン 画像

通夜や、告別式などの葬儀を行わず、病院や、自宅から、遺体を火葬場に搬送して、火葬だけを行う形式の葬儀です。遺族や、近親者と、故人とのお別れの時間を持てる形式など、オプションも可能です。  直葬は、「小さな葬儀」とも呼ばれています。会葬者を呼んで、通夜や葬儀・告別式を行うことをしないで、遺体を火葬場に搬送して、火葬だけで、故人を見送る形になります。直葬プランの詳細

その他の葬儀費用とプランはこちら

お見送りするご葬儀、ご提案します。

↑ PAGE TOP