海洋散骨の費用・人数・流れ

新しい埋葬の形 自然葬 散骨で、故人を自然に戻す

>散骨の葬儀費用 画像

<概要>

散骨とは、火葬後、骨に一部または、全てを海や山に散骨すすることです。 一般的には、遺骨を)細かく砕いた遺灰を、海や、川、湖などに、撒いて自然に返す、つまり散骨による埋葬が、「自然葬」です。

スポンサードリンク

この散骨と言う新しい形の埋葬は、海に散骨する「海洋葬」、遺灰をカプセルに収め、ロケットに搭載し、宇宙空間へと打ち上げる「宇宙葬」、飛行機で散骨する「空中葬」などがあります。 こうした傾向が増えた理由としては、「最近お墓は必要がない」と考える人が増え、また子どもたちに墓参りなどの、手間を掛けたくないなど、考え方の変化により、こうした自然葬の傾向が高まっています。 現在、全国各地の民間団体が、いろいろなスタイルの自然葬を、取り扱っております。

散骨が選ばれる理由

散骨が選ばれる理由としては、自分の葬儀は、簡素に、シンプルに、見えや世間体にとらわれずに、と望んでいる人も多くなっていることです。 都市部では、家族や、ごく親しい人だけに、お別れすると言う傾向が急増しています。そこで、残った人に、迷惑を与えない形の自然葬「散骨」を指定する故人が増えているようです。 また故人が、海が好きで、海という大自然に戻してくれ、と言う人の好みも多いようです。

散骨への流れ

散骨の正式申込み 必要書類 埋火葬許可書など提出―遺骨の預かり―遺骨の粉末化―遺骨の返却―出航場所の案内―散骨実施、-散骨証明書の発行 これは、船での散骨の例ですが、空でもほぼ同じです。

<手順1>

散骨を行うには、納骨が、四十九日など、忌明けに行うので、散骨もそれを目安にすることが一般的です。 また場合によっては、一周期や、故人の記念日などに行う場合もあります。 また散骨するには、どこでもよいと言う訳ではありません。 遺骨の埋葬に関しては、「墓地管理法」が定められており、墓地以外の所へは、埋葬が禁じられております。 これは遺骨を土に埋葬する場合を対象としており、遺灰を撒く散骨の場合は、「節度を持って、ふさわしい場所」に撒くのであれば違法ではありません。

<手順2>

遺骨の受け渡し方法は、首都圏に住んでいれば、都合の良い日に、業者が引き取りに来てくれる。遺骨を粉末化するには約1週間ほどかかります。 その粉末化した遺灰を、原則として一度返します。 それを散骨当日に持っていきます。遠方の人は、ゆうパックで郵送します。

<手順3>

散骨当日は、公共の桟橋を使用することもあり、喪服の着用は避け、平服で行くことが大切です。

<海洋葬>

生前、愛していた思い出の海に大切な人を返してあげたい、 海に散骨するもので、全国各地の民間企業や、団体が行っています。 一家で船を貸し切って、散骨する個人散骨と、数家族が、一緒に、船に乗る合同散骨があります。 散骨する時は、日本近海の漁場や海上交通の要所を避けて、行われるのが一般的です。業者にとっては、アジア、ヨーロッパなどの海外で、散骨を行っているところがあります。 費用は、個人散骨、8名以下で2625000円、これは散骨するエリアによって多少異なります。 合同散骨は、1柱に付き2名様参加で105000円。 委託遺骨で52500円となっています。

海洋葬のメリット・デメリット

このプランは、大阪湾、東京湾、相模湖など日本の海や湖などで行っておりますが、その日の天候によっては中止する場合もある、と言うデメリットがあります。 出航場所は、全国各地にあるマリーナの中から選ぶことができ、気軽にできる便利さはメリットの一つと言えそうです。 何よりのメリットは、故人の意思で行うこともあり、生前好きだった海の大自然にも度pしてあげることでしょう。

<宇宙葬>

「宇宙に憧れていたあの人の夢をかなえてあげたい」「月を見れば、大切なあの人の思い出が蘇るようにしたい」 始めて宇宙葬が実施された1997年以降、アメリカや日本など、世界中の人々の遺灰が、宇宙空間へと打ち上げられています。 大切な人の最後の旅立ちにふさわしく、遺灰を搭載するカプセルも工夫を凝らした数種類があります。 これは、特殊なバルーンに、粉砕した遺骨を詰めて、大空へ飛ばします。 高度30k㎡付近で成層圏に達したら、バルーンがさく裂し、遺灰ははるか上空で、散骨されます。そして偏西風に乗って、地球を回り、何時に自然に還ります。 費用は、標準クラスで・シングルで、450000円。これは、遺灰を修めたカプセルをロケットに登載し、宇宙空間へと打ち上げるプランです。 人工衛星プランは、950000円。このプランは、遺灰を修めたカプセルを人工衛星に搭載し、宇宙空間へ打ち上げるものです。

宇宙葬のメリット・デメリット

宇宙の輝く、夢に満ちた最期の旅立ちに、宇宙という壮大な場所を選ぶことは、人間だれしも夢を抱くこと、これ以上の壮大な夢はないでしょう。 そして月や、宇宙を見上げれば、故人を偲べるとあって、これ以上のメリットはないでしょう。 しかし、これを実現するには、何しろ膨大な費用が掛かることです。 デメリットとしてはかかり過ぎる、散骨費用と言うところいでしょう。

<空中葬>

大空を自由に飛び回りたい、そんな故人の思いを散骨という形で、実現したものです。飛行機で大空に飛び立ち、空中に散骨します。 軽飛行機に乗ること自体、日常ではなかったことなので、遺族にとっては、より一層大切な思い出となりましょう。 もちろん関係各省庁に届けを出すことも代行してくれます。 実施に当たっては、環境に十分配慮し、独自のマニュアルを設けるなど、細かな配慮をしてくれます。 費用は、セスナ機仕様で、26万2500円。

空中葬のメリット・デメリット

軽飛行機から、海へ散骨するわけですが、当日の風の具合によって、空中のまかれた遺灰が、どこに飛んでいくかわからない、ことも考慮しなければなりません。 こうした点は環境に配慮して、実施する業者が頼みとなります。 こうしたデメリットはあるものの、故人の大空で自由に飛び回りたい、と言う願望をかなえてあげるのであれば、その医師は十分かなえられるメリットはあります。 宇宙葬の様な費用が掛からないという点で、大きなメリット言えましょう。

海洋葬の葬儀・費用のまとめ

散骨する場合、書類の提出と言った法律的な手続きは、一切ありません。 そのため、個人で行っても法律的には、何も問題ありません。 しかし、個人で骨を細かく粉砕するのは、困難なため、専門の業者に依頼するのが一般的です。 また散骨した場合、個人が散骨を希望したとしても、残された家族にとって偲ぶものがないのは寂しいものです。 そのような場合は、遺骨の一部を散骨し、残りを墓に埋めると言う方法もあります。 そうすることによって、故人の意思も叶い、遺族にとっていつでもお参りし、供養ができることになります。 こうした墓地と散骨の併用も最近増えているようです。

スポンサードリンク

葬儀費用とプラン

葬儀費用とプランをご案内させて頂きます。

家族葬プラン

家族葬の葬儀費用とプラン 画像

遺族と親族、生前親しかった友人・知人のみで葬儀を行うものです。規模は、友人をどの範囲まで連絡するかによって変わってきますが、一般的には15~30名くらいの規模です。宗教のしきたりなどにとらわれず、故人と親しかった人たちだけで、静かに、故人を送りたいとの要望に応えて、作られた形式の葬儀です。家族葬プランの詳細

一日葬

一日葬の葬儀費用とプラン 画像

遺された遺族たちに、迷惑が掛からないように、葬儀費用も安い簡素化された葬儀には、「直葬」「一日葬」があります。直葬は、通夜や告別式など葬儀は行わず、病院や自宅から遺体を火葬場に搬送して火葬だけを行う形式です。一日葬は、通常は通夜と、告別式は2日間に渡って行われますが、通夜を儀礼として行わずに、一日より行う葬儀の事です。一日葬プランの詳細

直葬プラン

直葬の葬儀費用とプラン 画像

通夜や、告別式などの葬儀を行わず、病院や、自宅から、遺体を火葬場に搬送して、火葬だけを行う形式の葬儀です。遺族や、近親者と、故人とのお別れの時間を持てる形式など、オプションも可能です。  直葬は、「小さな葬儀」とも呼ばれています。会葬者を呼んで、通夜や葬儀・告別式を行うことをしないで、遺体を火葬場に搬送して、火葬だけで、故人を見送る形になります。直葬プランの詳細

その他の葬儀費用とプランはこちら

お見送りするご葬儀、ご提案します。

↑ PAGE TOP